刻を越えて現代に残る...奇跡の現存天守(後編)


現代までその姿が残る貴重な現存天守。その数12天守

因みに、必ずしも創建当時のままの状態という訳ではなく、
修復されているものや、遺材を組み直して再建されたものも含まれている。

そんな数少ない現存天守の半分にあたる6天守が、
偶然にも中国・四国地方に集中している。

後編は、中国・四国に立つ、残りの六つの現存天守を紹介する。

- 前編はこちら -

2017_0310_d_松江城7



1.宍道湖を望む松江城

島根は松江市、宍道湖の畔の亀田山に築かれた松江城は
山陰で唯一の現存天守である。

1611年に建てられた四重五階の天守は国宝に指定されている。

外装は黒塗の板張り。荘重な雰囲気を醸し出している。
2017_0310_8_松江城6

天守から望む勇壮な嵩山(だけさん)と和久羅山。
2017_0310_8_松江城d



2.臥牛山にそびえ立つ備中松山城

岡山は高梁市に築かれた備中松山城は、現存天守の中で唯一の山城である。

臥牛山「小松山」の山頂に残る天守は標高430mと、現存天守の中で最も高所にあり、
そして、その高さは11mと、現存天守の中で最も低い

2重2階の天守は、
1600年に建てられ後に改築されたものと云われていて、
国の重要文化財に指定されている。

山頂に立つ天守はこぢんまりとしていて、意匠は質朴
戦国の城といった風合いだ。
2017_0310_7_備中松山城3

天守の出格子の窓から望む風景。山間の街、高梁を見下ろす。
2017_0310_7_備中松山城4



3.瀬戸内海を望む丸亀城

讃岐国は丸亀市に立つ丸亀城は、高さ15mと現存天守の中では小規模であるが、
66mの石垣の頂きに築かれており、総高では日本一高い城である。

甲羅の上に仙境の1つ蓬萊山を背負った霊亀に準えて
蓬莱城」とも呼ばれている。

白漆喰のシンプルな三重三階の天守。現存天守の中でも端荘である。
2017_0310_9_丸亀城3

天守から望む景色。瀬戸内の島々を望む素晴らしい眺望だ。
2017_0310_9_丸亀城4



4.日本最後の天守 松山城

伊予国は松山市に立つ松山城は、1852年に再建された日本最後の天守建築である。

連立式の三重三階の天守は国の重要文化財に指定、
三大連立式平山城の1つに数えられる名城である。

その昔、城の堀に金の亀が棲んでいたという逸話から「金亀城」とも呼ばれている。

2017_0310_b_松山城4

勝山山頂にそびえ立つ天守閣から望む景色。伊予灘を遠望する。
2017_0310_b_松山城7



5.藤堂高虎によって築かれた名城 宇和島城

愛媛は宇和島市に立つ宇和島城は、最も最南端、最西端に位置する現存天守である。

築城の名手「藤堂高虎」が、1601年に創建した城で、
天守は、その後、伊達家によって建て替えられたものだ。

白漆喰の外壁に千鳥破風、三重三階の典型的な天守。唐破風の大きな玄関が特徴的。
2017_0310_c_宇和島城2

天守から望む風景。雨に霞む宇和島湾が幻想的。
2017_0310_c_宇和島城4



6.望楼の名城 高知城

高知城は、高知の大高坂山に築かれた平山城で、
天守だけでなく、本丸の建造物が完全に残存する唯一の城である。

1747年に再建された天守は国の重要文化財に指定されている。
鷹が翼をひろげた姿に見立て鷹城とも呼ばれている。

四重六階の望楼型の天守は正に雅。
2017_0310_a_高知城2

望楼の高欄から望む景色。
かつては水害の地であった鏡川のデルタ地帯は、今では高知の大都市に。
2017_0310_a_高知城3


- 前編はこちら -
関連記事

コメント

非公開コメント