[481日目]道後温泉(32/47都道府県)


第59番札所 国分寺から46番札所 横峰寺まで14カ所を巡り、道後温泉で旅の疲れを癒す
※残り45スタンプ

走破したルート (128 km)


第五十九番札所 伊予国分寺

今治も札所が集中している。まずは伊予国分寺へ

2016_1020_1_国分寺1

「守護のため 建ててあがむる 国分寺 いよいよ恵む 薬師なりけり」
2016_1020_1_国分寺2


第五十八番札所 仙遊寺

栄福寺を通り過ぎ、山を上り、仙遊寺へ

2016_1020_2_仙遊寺1

「立ち寄りて 佐礼の堂に 休みつつ 六字を唱え 経を読むべし」
2016_1020_2_仙遊寺2


第五十七番札所 栄福寺

山を下り、栄福寺へ

2016_1020_3_栄福寺1

「この世には 弓矢を守る 八幡なり 来世は人を 救う弥陀仏」
2016_1020_3_栄福寺2


第五十六番札所 泰山寺

今治の住宅地にある泰山寺へ

2016_1020_4_泰山寺1

「みな人の 詣りてやがて 泰山寺 来世の引導 たのみ置きつつ」
2016_1020_4_泰山寺2


第五十五番札所 南光坊

今治駅の近くにある南光坊へ

2016_1020_5_南光坊1

「このところ 三島に夢の さめぬれば 別宮とても おなじ垂迹」
2016_1020_5_南光坊2


第五十四番札所 延命寺

今治最後の札所、延命寺へ

2016_1020_6_延命寺1

「くもりなき 鏡の縁と ながむれば 残さず影を うつすものかな」
2016_1020_6_延命寺2


第五十三番札所 圓明寺

海岸線を南下、松山の圓明寺へ

2016_1020_7_圓明寺1

「来迎の 弥陀の光の 圓明寺 照りそう影は 夜な夜なの月」
2016_1020_7_圓明寺2


第五十二番札所 太山寺

圓明寺の近く、太山寺へ。
鎌倉時代に建てられた御本堂は国宝だそうだ

2016_1020_8_太山寺1

「太山に 登れば汗の 出でけれど 後の世思えば 何の苦もなし」
2016_1020_8_太山寺2


第五十一番札所 石手寺

道後温泉の近く、石手寺へ

2016_1020_9_石手寺1

「集団的自衛権不用」とか「戦争反対」とか、大丈夫かこの寺?
2016_1020_9_石手寺2

「西方を よそとは見まじ 安養の 寺に詣りて 受くる十楽」
2016_1020_9_石手寺3


第五十番札所 繁多寺

石手寺を南に進み、繁多寺へ

2016_1020_a_繁多寺1

「よろずこそ 繁多なりとも 怠らず 諸病なかれと 望み祈れよ」
2016_1020_a_繁多寺2


第四十九番札所 浄土寺

石手寺の近く、浄土寺へ

2016_1020_b_浄土寺1

「十悪の 我身を棄てず そのままに 浄土の寺へ まいりこそすれ」
2016_1020_b_浄土寺2


第四十八番札所 西林寺

西林寺へ

2016_1020_c_西林寺1

「弥陀仏の 世界を訪ね 行きたくば 西の林の 寺に詣れよ」
2016_1020_c_西林寺2


第四十七番札所 八坂寺

西林寺を南下、八坂寺へ

2016_1020_d_八坂寺1

「花を見て 歌読む人は 八坂寺 三仏じょうの 縁とこそ聞け」
2016_1020_d_八坂寺2


第四十六番札所 浄瑠璃寺

今日はここで最後、浄瑠璃寺へ

2016_1020_e_浄瑠璃寺1

「花を見て 歌読む人は 八坂寺 三仏じょうの 縁とこそ聞け」
2016_1020_e_浄瑠璃寺2


道後温泉

道後温泉近くのゲストハウス「じょじょに」に宿泊。ドミトリー1泊2500円。
住宅地にあるので三線がNG、失敗した

2016_1020_f_島後温泉0

宿から歩いて5分、道後温泉へ
2016_1020_f_道後温泉1

「神の湯 二階席」コースで840円。入浴後に茶菓子が出てくる
2016_1020_f_道後温泉2

温泉3階の角部屋「坊っちゃんの間」。漱石が湯上りにくつろいだ部屋だそうだ
2016_1020_f_道後温泉4

坊っちゃんの間から道後の町を眺める
2016_1020_f_道後温泉3
関連記事

コメント

非公開コメント