[412日目]トカラ列島 諏訪之瀬島(32/47都道府県)


平島から、御岳の噴煙立ち昇る諏訪之瀬島へ

走破したルート (28km)





バイク航送手続き

バイクの航送手続きをしに...コインランドリー平島?
7:00~7:30の時間帯にコインランドリーで手続きするそうだ

2016_0812_1_バイク航送手続き1

何でコインランドリーなのだろうか...まあいいや、1030円
2016_0812_1_バイク航送手続き2


平島 南之浜港

諏訪之瀬島に渡るため南之浜港へ

2016_0812_2_南之浜港1

9:20。フェリーとしま入港
2016_0812_2_南之浜港2

そして青空の下、南之浜港を出航
2016_0812_2_南之浜港3

平島よ、左様ーならー
2016_0812_2_南之浜港4


諏訪之瀬島 切石港

海から望む火山島「諏訪之瀬」。
江戸時代の噴火で無人島になり文化がリセット、その後、明治に奄美大島の住人が入植、
1970年代にはヒッピーが移住、自由な雰囲気の島らしい。※平島の小学校教諭談

2016_0812_3_切石港1

平島から40分ほどで切石港に入港
2016_0812_3_切石港2

予定より2日早いが、諏訪之瀬の地に降り立つ
2016_0812_3_切石港3

ようこそ諏訪之瀬島へ
2016_0812_3_切石港4

岸壁から眺める港の断崖
2016_0812_3_切石港5


すわのせゲストハウス

宿泊先は「すわのせゲストハウス」。1泊素泊り3000円

2016_0812_4_諏訪之瀬ゲストハウス1

ここがキッチン。調理道具、調味料は一通り揃ってる
2016_0812_4_諏訪之瀬ゲストハウス2

商店の無い島だけに、食料はゲストハウスで買える。
インスタントと缶詰ばかりだけど
2016_0812_4_諏訪之瀬ゲストハウス3

部屋はこんな感じ。Free Wi-Fiもある
2016_0812_4_諏訪之瀬ゲストハウス4


乙姫の洞窟

石切港にある「乙姫の洞窟」へ

2016_0812_5_乙姫の洞窟1

崖下の洞窟
2016_0812_5_乙姫の洞窟2

ときどき、乙姫さまが海から上がってきて、ここで物思いにふけるそうだ
2016_0812_5_乙姫の洞窟3

床が平たいので寝心地はよさそうだ
2016_0812_5_乙姫の洞窟4

洞窟から覗く石切港
2016_0812_5_乙姫の洞窟5


諏訪之瀬空港の跡地

ヤマハリゾート開発の成れの果て、今はヘリポート、諏訪之瀬空港の跡地へ。
もう飛行機が離着陸することはないのだろう

2016_0812_6_諏訪之瀬空港跡地1

滑走路の北端から眺める平島とナベダオの外輪
2016_0812_6_諏訪之瀬空港跡地2

直線だ、ヒャッハー!
2016_0812_6_諏訪之瀬空港跡地5

滑走路の南端から望む御岳
2016_0812_6_諏訪之瀬空港跡地3

南の端からは悪石島がみえる
2016_0812_6_諏訪之瀬空港跡地4


ナベタオの山桜

山桜の巨木を見にナベタオへ。
「ナベタオ(ナベダオ)」とは「鍋底」、旧火山の火山口であるこの一帯の呼び名

2016_0812_7_山桜1

竹林を進むと
2016_0812_7_山桜2

ナベダオ山桜の巨木
2016_0812_7_山桜3

他の山桜も結構おっきい
2016_0812_7_山桜4

ナベタオの外輪から集落を眺めてると・・・
2016_0812_7_山桜5

ちゅどーん
2016_0812_7_山桜6

もくもくもく
2016_0812_7_山桜7


諏訪之瀬島の夕陽

夕陽を眺めに元浦港へ

2016_0812_8_夕焼け1

平島の隣に沈む夕陽
2016_0812_8_夕焼け2
関連記事

コメント

非公開コメント