FC2ブログ

[367日目]奄美大島 最北端 笠利崎(32/47都道府県)


奄美大島北部の海岸を疾走り、最北端「笠利崎」へ

走破したルート (133 km)


大熊展望台

大熊集落から梵論瀬崎へ向かう途中にある大熊展望台

2016_0628_1_大熊展望台1

赤崎から名瀬港までを望む。
湾の左にある島は山羊島、右の岩は立神
2016_0628_1_大熊展望台2


梵論瀬崎

道の途中で梵論瀬崎(ぼろせさき)を眺める。
由来は、ボレ瀬(奄美方言で沢山の瀬) → ボロ瀬 → 梵論瀬、だそうだ

2016_0628_2_梵論瀬崎0

岬にある灯台の入口が渋滞? バイクを停めて歩いていく
2016_0628_2_梵論瀬崎1

原因はパトカー。何かあったのか?
2016_0628_2_梵論瀬崎2

お巡りさんをスルーして梵論瀬埼灯台へ。
地元の有良集落では「あったの灯台」と呼ばれてるそうだ
2016_0628_2_梵論瀬崎3

灯台からの眺め
2016_0628_2_梵論瀬崎4


蒲生崎

蒲生崎(がもうざき)へ。
平家側の落ち武者「蒲生左衛門」がここで遠見番をしたことが由来

2016_0628_4_蒲生崎1

屋仁集落と港を眺める
2016_0628_4_蒲生崎3

笠利湾を一望
2016_0628_4_蒲生崎2


蒲生神社

岬にある蒲生神社へ

2016_0628_5_蒲生神社1

狛犬が何かカワイイ
2016_0628_5_蒲生神社2

何か猿っぽい
2016_0628_5_蒲生神社4


笠利崎

奄美大島の最北端「笠利崎」へ

2016_0628_6_笠利崎1

岬の上には灯台
2016_0628_6_笠利崎2

岬を囲む浅瀬が美しい
2016_0628_6_笠利崎3

角型基調の笠利埼灯台
2016_0628_6_笠利崎4

灯台からの眺め
2016_0628_6_笠利崎6

北の海を望む。沖に見えるのはトンバラ岩
2016_0628_6_笠利崎5


アヤマル崎

アヤマル崎へ

2016_0628_7_あやまる崎0

岬の西側に広がるビーチ
2016_0628_7_あやまる崎1

丘の上から岬を望む
2016_0628_7_あやまる崎2


ゲストハウス涼風 リキ

ゲストハウスの看板犬「リキ」。噛み癖がヒドイ

2016_0628_8_リキ2

ジーパンで綱引きするし
2016_0628_8_リキ3

ブーツもガブリ
2016_0628_8_リキ4

コイツと遊ぶと生傷が絶えない


朝仁海岸の夕焼け

今日も朝仁海岸で三線の練習

2016_0628_9_朝仁海岸1

落ちる夕陽
2016_0628_9_朝仁海岸2
関連記事

コメント

非公開コメント