[360日目]沖永良部島 半崎(32/47都道府県)


荘厳な沖永良部の情景を堪能する。
半崎は特に素晴らしい

走破したルート (72 km)


ワンジョビーチ

伊延港の西にある「ワンジョ(湾門)ビーチ」へ

2016_0621_1_ワンジョビーチ1

遠浅の美しい海岸
2016_0621_1_ワンジョビーチ2

砂浜も白く美しい
2016_0621_1_ワンジョビーチ3


ウミガメビューポイント

ウミガメビューポイントへ

2016_0621_2_ウミガメビューポイント1

切り立つ断崖から浅瀬を見下ろす
2016_0621_2_ウミガメビューポイント4

ウミガメはいないようだ
2016_0621_2_ウミガメビューポイント3

半崎まで続く断崖
2016_0621_2_ウミガメビューポイント2


半崎

草原が広がる岬、半崎へ

2016_0621_3_半崎1

東シナ海に突き出た断崖の岬
2016_0621_3_半崎4

岬の沖合には黒岩。
戦時中、軍艦と間違われ爆撃されたことから「軍艦岩」と呼ばれる
2016_0621_3_半崎3

兎に角、海が美しい
2016_0621_3_半崎5

断崖は続く。田皆岬から・・・
2016_0621_3_半崎2

伊延港まで延々と
2016_0621_3_半崎6


世之主神社

越山の中腹にある世之主神社へ

2016_0621_4_世之主神社1

青空の下の鳥居
2016_0621_4_世之主神社2

世之主を祀る神社。
世之主とは、三山時代(グスク時代)に島を治めた豪族のこと
2016_0621_4_世之主神社3

神社から島の東部を眺める
2016_0621_4_世之主神社4


後蘭孫八城跡

世之主の重臣「後蘭孫八」の城跡へ

2016_0621_5_後蘭孫八城跡1

ガジュマルの気根の簾。その下を歩く
2016_0621_5_後蘭孫八城跡2

屋敷跡にそびえ立つガジュマルの巨木
2016_0621_5_後蘭孫八城跡4

ここのガジュマルには「ヒーヌムン(木の者)」と呼ばれる妖怪がでるそうだ
2016_0621_5_後蘭孫八城跡3


大山植物公園 展望台

島の最高峰「大山」の展望台へ

2016_0621_6_大山植物公園_展望台1

南西方向に沖縄本島を遠望する
2016_0621_6_大山植物公園_展望台2

北東方向には徳之島
2016_0621_6_大山植物公園_展望台3


泊海岸 最北の砂浜

島の北西、泊(トゥマイ)海岸へ...雲が出てきた

2016_0621_7_泊海岸_北端の砂浜1

船を泊める海岸 → 泊海岸 = トゥマイ海岸、だそうだ
2016_0621_7_泊海岸_北端の砂浜2

琉球石灰岩の断崖が割れて
2016_0621_7_泊海岸_北端の砂浜4

その内側には砂浜
2016_0621_7_泊海岸_北端の砂浜3
関連記事

コメント

非公開コメント