[356日目]与論島へ(32/47都道府県)


沖縄を出発、奄美諸島の末っ子「与論島」へ渡る

走破したルート (47 km)





ゲストハウス いーさーの朝

沖縄で見る最後の朝日。そして、いーさー最後の朝

2016_0617_1_いーさー1

本部チキンのウッドデッキでのんびりする
2016_0617_1_いーさー2

居心地良くて、つい長居してしまった「ゲストハウス いーさー」
2016_0617_1_いーさー3


本部港

与論島に渡るため本部港のフェリーターミナルへ

2016_0617_2_本部港1

チケット2880円 + バイク運搬費2130円 = 5010円
2016_0617_2_本部港2

9:00。青空の下、フェリー入港
2016_0617_2_本部港3

別れを惜しむ暇もなく9:20出航。 アディオース、沖縄!
2016_0617_2_本部港4

水納島の脇を抜けるフェリー
2016_0617_2_本部港5

海にそそり立つ伊江島たっちゅー
2016_0617_2_本部港6

フェリーから望む備瀬崎。
ゲストハウス いーさーに向かって手を振ってみる
2016_0617_2_本部港7

お腹空いた。
いーさーの奥さんが作ってくれた遠足弁当を食べる。うめぇ
2016_0617_2_本部港8


与論港

11:50。与論島の港に入港

2016_0617_3_与論港1

8か月ぶりに降り立つ沖縄県外の地
2016_0617_3_与論港2


天の川銀河鉄道 ヨロン駅

与論港の裏手にある「ヨロン駅」へ。

1979年、海の上にある国道58号を鉄道と妄想して建設した駅だそうだ
2016_0617_4_与論駅1

おきなわ ← ヨロン駅 → かごしま ...あれ?
国道58号がレールなら、隣は鹿児島じゃなくて奄美大島じゃね?
2016_0617_4_与論駅2

駅の奥にある「尾道(びどう)遊歩道」から眺めるパラダイスビーチ
2016_0617_4_与論駅3

美しいエメラルドの海
2016_0617_4_与論駅4

と島を囲うリーフ
2016_0617_4_与論駅5


しらゆり荘

与論島では「しらゆり荘」に泊まる。

畑のなかにあって看板も出てないので、見つけるのに時間がかかった
2016_0617_5_しらゆり荘1

1泊素泊りで2000円、安い。が、周辺には商店どころか民家もない
2016_0617_5_しらゆり荘2


皆田海岸

皆田海岸へ

2016_0617_6_皆田海岸1

目の前には「皆田離(みなたばなり)」と呼ばれる小島
2016_0617_6_皆田海岸2

茂みを抜けると、白く美しい砂浜と青い海
2016_0617_6_皆田海岸3


与論島北部のビーチ

島の北部にあるビーチを巡る。

まずは黒花海岸へ
2016_0617_7_黒花海岸1

2016_0617_7_黒花海岸2

次に宇勝海岸
2016_0617_9_宇勝海岸1

超こじんまりした砂浜
2016_0617_9_宇勝海岸2

そして、寺崎海岸(ティララキ)
2016_0617_8_寺崎海岸1

映画「めがね」のロケ地だそうだ
2016_0617_8_寺崎海岸2

メーラビビーチへ。
「メーラビ」とは奄美の方言で「若い娘さん、美しい人」
2016_0617_a_メーラビビーチ1

手前のビーチ。ここもキレイ
2016_0617_a_メーラビビーチ2

何か入口を間違えたっぽい・・・
2016_0617_a_メーラビビーチ3

海側からメーラビビーチを望む
2016_0617_a_メーラビビーチ4

最後に品覇海岸へ
2016_0617_b_品覇海岸1

北岸のビーチはこじんまりとしてるが、何処も綺麗だ
2016_0617_b_品覇海岸2

2016_0617_b_品覇海岸3


琴龍橋・翔龍橋

ヨロンマラソン、断崖沿いの心臓破りの坂。
その坂に架かる2つの橋が「琴龍橋」と「翔龍橋」

2016_0617_c_琴龍橋・翔龍橋1

翔龍橋(上側)の傍には、国頭村から貰ったヤンバルクイナ
2016_0617_c_琴龍橋・翔龍橋2

琴龍橋(下側)の傍には...何これ、金の牛?
2016_0617_c_琴龍橋・翔龍橋3


しらゆり荘の夜

夕焼けを眺めながら三線の練習

2016_0617_d_夜1

蚊に刺されながら三線を弾いてると、おつまみが出てきた
2016_0617_d_夜2

パインも出てきた
2016_0617_d_夜3
関連記事

コメント

非公開コメント