[314日目]野甫島(32/47都道府県)


沖縄本島に戻る前に野甫島を堪能する

走破したルート (68km)


米岬ビーチ

野甫島に渡る前に伊平屋の南端、米岬ビーチへ

2016_0506_1_米岬ビーチ1

何度見ても綺麗な海
2016_0506_1_米岬ビーチ2

白く伸びる砂浜、その先には阿波岳
2016_0506_1_米岬ビーチ3


ジューマ海岸

野甫島に渡り「ジューマ海岸」へ

2016_0506_2_ジューマビーチ1

正面には阿波岳
2016_0506_2_ジューマビーチ2

ここもキレイだね
2016_0506_2_ジューマビーチ3

釣りの名所らしいけど、名前は「ジューマー(キンチャクダイ)」からきてるのかな?



野甫島の西岸

島の西部、ここから700m先にあるらしい「大天納」と「天納小」。
何度も探しているが見つからない。今日こそは見つける。

しかし、全長1.5kmの島で、この先700mって道案内になるのか?
2016_0506_3_野甫島西岸1

島の西側に浮かぶ島(岩?)。名はない
2016_0506_3_野甫島西岸2

この道から海岸へ下りる。
オンロード・タイヤの単車は絶対に進んではいけない
2016_0506_3_野甫島西岸4

海岸に到着
2016_0506_3_野甫島西岸5

北側のリーフから正面の島(岩)に渡れそうなんで、ちょっと行ってみる
2016_0506_3_野甫島西岸6

奥にさらに岩。ここまで来たら渡る
2016_0506_3_野甫島西岸7

えっ...まだ先があるの?
2016_0506_3_野甫島西岸a

これが本当に最後の最期。ここから先は海の藻くず
2016_0506_3_野甫島西岸c

最西端の岩。
ちょっとのつもりが、浅瀬を1kmも歩いてしまった
2016_0506_3_野甫島西岸d

岩の下は海
2016_0506_3_野甫島西岸e

陸(?)から見る色とりどりの珊瑚
2016_0506_3_野甫島西岸f


大天納

余計な時間をかけてしまった。
野甫島の海岸を南に進み「大天納(ウフアマンナー)」を探す。
そうそう、天納(アマンナー)とは村共用の洞穴墓(の跡?)らしい

2016_0506_4_大天納1

歩くこと700m。断崖の中腹に見える洞穴が大天納。
海岸から上がる道はなく「天納小(アマンナーグヮー)」は見つからなかった
2016_0506_4_大天納2

潮が引いてたからここまで来れたが、満ち潮だと無理。
コーラルヒル公園近くの道からアクセスするのが正規ルートと思われるが、
草木で道が無くなっていた。

何にせよ、あの道案内はおかしい。



伊平屋島 前泊港

ヤヘー岩の登頂に再チャレンジしたかったが、お別れの時間となってしまった

2016_0506_5_前泊港1

13:00、出航。
2016_0506_5_前泊港2

アディオース!
バイク運賃8140円は高いだろ、安くしろー!
2016_0506_5_前泊港3


運天港

積雲の下の古宇利島

2016_0506_6_運天港1

14:20、沖縄本島 運天港に入港
2016_0506_6_運天港3

これで沖縄の離島(有人)は、ほぼ制覇
2016_0506_6_運天港4


ゲストハウス いーさー

本部町のゲストハウス いーさーへ(素泊り3500円)。明日からどうするかなー

2016_0506_7_いーさー1
関連記事

コメント

非公開コメント