FC2ブログ

[10日目]奥利根のダムたち(5/47都道府県)


群馬の有終を飾る奥利根のダムたち。

走破したルート (272km)


滝沢温泉

滝沢館の滝沢温泉はアブやブヨが多いので蚊帳が張られている。宿泊客が自分ひとりだったので、ちょっと撮影。

2015_0707_1_滝沢温泉1

因みに、ここは女性用のお風呂。客が少ないので男性用は湯が止められていた。
2015_0707_1_滝沢温泉2

渓流を望む展望。
2015_0707_1_滝沢温泉3


赤城神社(大沼)

赤城山の大沼にある方の赤城神社。朱い橋が沼に映える。

2015_0707_2_赤城神社1

橋から望む地蔵岳。
2015_0707_2_赤城神社2

橋を渡ると鳥居が現れる。
2015_0707_2_赤城神社3

そして拝殿。
2015_0707_2_赤城神社4


薗原湖

吹割の滝に向かう途中に吊り橋が見えたのでちょっと撮影。

2015_0707_3_薗原湖1

橋の入口に毒物混入事件の看板があって、ちょっとビビった。
2015_0707_3_薗原湖2


吹割の滝

吹割の滝までの遊歩道の入口に「鱒飛の滝」。ロープが張られていて、正面の写真を撮ることはできない。

2015_0707_4_吹割の滝1

渓谷の様子も楽しい。
2015_0707_4_吹割の滝2

2015_0707_4_吹割の滝3

吹割の滝はV字に割れた珍しい滝。でも、「東洋のナイアガラ」は言い過ぎだ。
2015_0707_4_吹割の滝4

こっちもロープがあって、正面を撮れない。残念。
2015_0707_4_吹割の滝5

2015_0707_4_吹割の滝6


つくし

吹割の滝の近くの「つくし」で昼食。
2015_0707_5_つくし_舞茸定食1

舞茸定食(1,400円)。ほんと、舞茸は天ぷらにかぎる。
2015_0707_5_つくし_舞茸定食2


奈良俣ダム

マイカー規制の尾瀬はスルーして「奥利根」。規制のおかげで交通量は皆無、路面は綺麗だったが「坤六峠(こんろく)」越えは結構ハード。吹割の滝から1時間はかかる。

2015_0707_6_奈良俣ダム1

日本で3番目の高さのロックフィルダム(158m)。
2015_0707_6_奈良俣ダム2

2015_0707_6_奈良俣ダム3

ダムでできた「ならまた湖」。
2015_0707_6_奈良俣ダム4

下からの記念撮影。
2015_0707_6_奈良俣ダム5


矢木沢ダム

奥利根の最奥に位置する堤高131mのアーチ式コンクリートダム「矢木沢ダム」。

2015_0707_7_矢木沢ダム1

2015_0707_7_矢木沢ダム2

奈良俣ダム(158m)より低いが、こっちのは足がすくむ。
2015_0707_7_矢木沢ダム3

ダムでできた「奥利根湖」。
2015_0707_7_矢木沢ダム4

この先は人の立ち入らぬ秘境。
2015_0707_7_矢木沢ダム5


華厳の滝

金精道路を突き抜け三名瀑「華厳の滝」へ。駐車料金「100円」、エレベータ料金「550円」。

2015_0707_8_華厳の滝1

正に此れぞ滝といった感じ。
2015_0707_8_華厳の滝2


鬼怒川パークホテル

今日の宿は鬼怒川パークホテル。完全に宿巡りと化している。大量のキャンプ道具が空しい...

2015_0707_9_鬼怒川パークホテル1

今日のお部屋。
2015_0707_9_鬼怒川パークホテル2

今晩のお食事。
時間が少し遅かったこともあって大広間に一人。仲居2人+黒服1人がずーっとこっちを見ていて食べづらい。そして、スマホで料理を撮るのが恥ずい。
2015_0707_9_鬼怒川パークホテル3

日光の酒「清開」をいただく。酔ってしまえば恥ずかしくないんだから。
2015_0707_9_鬼怒川パークホテル4

年配の仲居さんが料理を説明してくれたのだが、滑舌が悪く何をいっているかわからなかった。あと、受付のときフロントにいた黒服のねーちゃんも配膳していた。
2015_0707_9_鬼怒川パークホテル5

2015_0707_9_鬼怒川パークホテル6
関連記事

コメント

非公開コメント