[278日目]北大東島を走る(32/47都道府県)


沖縄最東端の地「北大東島」を走る

走破したルート (32km)


朝ごはん

これまで泊まった民宿の中ではダントツに質素。
北大東島は食料が不足してるのか?

2016_0331_1_朝ごはん1


玉置半右衛門の碑

西港の近くにある「玉置半右衛門の碑」へ

2016_0331_2_玉置半右衛門の碑1

蝶が乱舞する遊歩道の花壇
2016_0331_2_玉置半右衛門の碑2

開拓の祖「玉置半右衛門」の碑。割に質素
2016_0331_2_玉置半右衛門の碑3

眺めはイマイチ
2016_0331_2_玉置半右衛門の碑4


金刀比羅宮

玉置半右衛門の碑の隣にある「金刀比羅宮」へ...何か工事してる

2016_0331_3_金刀比羅宮1

歪んでいる木製の鳥居
2016_0331_3_金刀比羅宮2

境内も工事中
2016_0331_3_金刀比羅宮3

気にせず参拝する
2016_0331_3_金刀比羅宮4

こんぴらさんは海上交通の神さま
2016_0331_3_金刀比羅宮5

どうか、帰りのフェリーが海に沈みませんように...パンパン
2016_0331_3_金刀比羅宮6


燐鉱石貯蔵庫跡

西港にある「燐鉱石貯蔵庫跡」へ

2016_0331_4_燐鉱石貯蔵庫跡1

貯蔵庫は1919年に建てられ、1950年に閉鎖となったそうだ
2016_0331_4_燐鉱石貯蔵庫跡2

燐鉱石を載せたトロッコが通ったトンネル
2016_0331_4_燐鉱石貯蔵庫跡3

2016_0331_4_燐鉱石貯蔵庫跡4

ほぼ崩壊してる
2016_0331_4_燐鉱石貯蔵庫跡5

道路を挟んで反対側にレンガ造りの廃虚
2016_0331_4_燐鉱石貯蔵庫跡6

燐鉱石を乾燥させるためのドライヤー施設の残骸だそうだ
2016_0331_4_燐鉱石貯蔵庫跡7

コンクリート片に「SHINAGAWA」のロゴ
2016_0331_4_燐鉱石貯蔵庫跡8

ワイヤーの巻上げ装置っぽい。1956年建設とあるから燐鉱所とは関係なさそう
2016_0331_4_燐鉱石貯蔵庫跡9

巻上げ装置の先は海。昔の港の跡かな
2016_0331_4_燐鉱石貯蔵庫跡a

下りてみた
2016_0331_4_燐鉱石貯蔵庫跡b

岸壁に船を係留する杭が刺さってる
2016_0331_4_燐鉱石貯蔵庫跡c


上陸港跡

上陸港跡へ

2016_0331_5_上陸港跡1

南大東島が良く見える
2016_0331_5_上陸港跡2

1903年に玉置商会の山田多恵吉さんが上陸した場所。
燐鉱石は西港、砂糖はこの上陸港で積出されたそうだ
2016_0331_5_上陸港跡3

港跡へ下りてみる
2016_0331_5_上陸港跡4

2016_0331_5_上陸港跡5


南大東漁港(北大東地区)

建設中の漁港を見学する

2016_0331_6_漁港1

北大東島にあるのに「南大東漁港(北大東地区)」。
南大東島の漁港の分港だそうだ、ややこしい
2016_0331_6_漁港2

今月(2016年3月)開港予定...無理そうだな...
2016_0331_6_漁港3

フェリーも漁船も入港できるでっかい港を作ればいいのにと思うが、
港湾は「国土交通省」所管で、漁港は「農林水産省」所管...縦割り行政の弊害だな



真黒崎

真の沖縄最東端「真黒崎」へ。

沖縄最東端の碑の広場からアプローチする
2016_0331_7_真黒崎1

岬まで800m...この草を掻き分けて進むのは厳しそうだ
2016_0331_7_真黒崎2

かと言って、この海岸を進むのは自殺行為...
2016_0331_7_真黒崎3

そうだ、ここを進もう
2016_0331_7_真黒崎4

東海岸眼下に滑走路横の道を進む
2016_0331_7_真黒崎5

何とか、沖縄最東端「真黒崎」に到着
2016_0331_7_真黒崎6

ざぱーん
2016_0331_7_真黒崎9

どどーん
2016_0331_7_真黒崎a


残岩処理場

島の北西にピラミッドのような構造物

2016_0331_8_残岩処理場1

上ってみる...結構あるな...
2016_0331_8_残岩処理場5

ピラミッドの頂上からの眺め
2016_0331_8_残岩処理場6

北港方面
2016_0331_8_残岩処理場7

黒部岬方面
2016_0331_8_残岩処理場8

振り返ると内陸部を囲む北の崖壁
2016_0331_8_残岩処理場9

ピラミッドではなく、南大東漁港(北大東地区)の掘削で出た残岩の処理場で、太陽光発電設備の候補地だそうだ



北西の海岸

ピラミッドの下の海岸

2016_0331_8_残岩処理場2

2016_0331_8_残岩処理場3


黒部岬

島の最北端「黒部岬」へ

2016_0331_9_黒部岬1

岬はカーブのど真ん中。
カーブ手前の「北大東島総合暴露試験場」の路肩に駐車する
2016_0331_9_黒部岬2

カーブ付近は草が生い茂ってて侵入困難。
暴露試験場の脇の道から一旦岸壁まで出る
2016_0331_9_黒部岬3

岸壁に着いた。ここから岬まで向かう
2016_0331_9_黒部岬4

岬が見えてきた
2016_0331_9_黒部岬5

黒部岬から海原を望む
2016_0331_9_黒部岬6

何か石垣がある
2016_0331_9_黒部岬7

グスクではないし、戦争の遺構かな
2016_0331_9_黒部岬8


長幕

屏風を立てたような崖壁「長幕(ナガハグ)」へ

2016_0331_a_長幕1

国指定天然記念物「長幕崖壁および崖錐の特殊植物群落」...長い
2016_0331_a_長幕2

一帯はサトウキビ畑
2016_0331_a_長幕3

2016_0331_a_長幕4


晩ごはん

せめて、もう一品くらい欲しい

2016_0331_b_晩ごはん1
関連記事

コメント

非公開コメント