[277日目]北大東島へ(32/47都道府県)


北大東島に渡る

走破したルート (67km)


朝ごはん

おいしい朝ごはん

2016_0330_0_朝ごはん1


秋葉神社

秋葉神社へ。秋葉山まで真っ直ぐに伸びる参道

2016_0330_1_秋葉神社1

途中からフクギ並木と白い石の参道に変わる
2016_0330_1_秋葉神社2

フクギ並木の途中に第一の鳥居
2016_0330_1_秋葉神社3

階段を上ると
2016_0330_1_秋葉神社4

秋葉神社に到着
2016_0330_1_秋葉神社5

秋葉大権現は火防の神様。
開拓者「玉置半右衛門」の息子の鎌三郎が山火事を起こし、1週間にわたって炎上させたことと関係があるのかな?
2016_0330_1_秋葉神社6

隣にも階段があったので上ってみる
2016_0330_2_忠魂碑1

山道を進むと
2016_0330_2_忠魂碑2

忠魂碑
2016_0330_2_忠魂碑3


レール跡

道路にレール跡を発見

2016_0330_3_レール跡1

シュガートレインのレールの跡だそうだ
2016_0330_3_レール跡2


北のドリーネ

北のドリーネ(すり鉢型の窪地)へ

2016_0330_4_北のドリーネ1

ダイトウオオコウモリの生息地で立入禁止だそうだ
2016_0330_4_北のドリーネ2

窪地には木々が生い茂ってる
2016_0330_4_北のドリーネ3


南のドリーネ

南のドリーネにも行ってみる

2016_0330_5_南のドリーネ1

ここもダイトウオオコウモリの生息地だが、北と違って立入禁止ではない
2016_0330_5_南のドリーネ2

まぁ、立ち入らないけど
2016_0330_5_南のドリーネ3


シュガートレイン

シュガートレインを見に「ふるさと文化センター」へ

シュガートレインとは、昭和57年までサトウキビを運搬するのに使われていた列車のこと
2016_0330_6_シュガートレイン1

蒸気機関車
2016_0330_6_シュガートレイン2

こっちはディーゼル機関車
2016_0330_6_シュガートレイン3

因みに、観光列車としてシュガートレイン復活を検討してたらしいが、採算が見通せないため断念したそうだ



富士食堂

今日もお昼は富士食堂

2016_0330_7_富士食堂1

ソーキそば(700円)
2016_0330_7_富士食堂2


玉置半右衛門記念碑

南大東島の開拓者「玉置半右衛門」の記念碑

2016_0330_8_玉置半右衛門記念碑


南大東空港の跡地

南大東空港の跡地へ

2016_0330_9_空港跡地1

空港ターミナル跡はラム酒工場となっている
2016_0330_9_空港跡地2

取りあえず買ってみた。
コルコル(赤ラベル、原料:糖蜜)とアグリコール(緑ラベル、原料:サトウキビ汁)。
300mlボトル2本で3680円
2016_0330_9_空港跡地3

滑走路跡地は集合住宅と
2016_0330_9_空港跡地4

スパーク南大東(体育館)と
2016_0330_9_空港跡地5

ビジターセンターになってる
2016_0330_9_空港跡地6


南大東島 西港

13:00になっても港湾業務課からの連絡がないので西港へ行くと...荷積みが始まってやがる...○| ̄|_

オレ『あの、何時出航ですか?』
作業員A『13:30だよ、乗るの?』
オレ『はい、北までバイクを運びたいんですけど...』
作業員A『えっ、聞いてないよ? 受付は?』
オレ『昨日しました』

電話で確認する作業員A...
作業員A『もう平積みコンテナ無いよ、どうやって載せるの?』

作業員が集まってきた...
2016_0330_a_西港1

作業員B『直接吊るか?』
作業員C『ここ(で吊って)大丈夫?』
オレ『これはフレームだから大丈夫だと思うけど、こことここはちょっと...』
作業員D『ここで吊れね?』
作業員C『それは割れちゃうだろう』
オレ『......』


作業員A『ハーフで載せる!』...ハーフコンテナ登場
2016_0330_a_西港2

何とか載った
2016_0330_a_西港3

宙に舞う愛車
2016_0330_a_西港4

やむを得ないので、ゴンドラに乗る
2016_0330_a_西港5

愛車の上をフライ・パス
2016_0330_a_西港6

13:50、なんとか出航。明らかにバイクのせいで遅れとるがな
2016_0330_a_西港a


北大東島 西港

1時間もかからず北大東島に到着

2016_0330_b_西港1

前部の甲板から上陸するそうだ
2016_0330_b_西港2

舞い降りるゴンドラ
2016_0330_b_西港3

北大東島にフライ・アウェイ
2016_0330_b_西港4

上にある公園から港を見下ろす
2016_0330_b_西港a

バイクの積み降ろしまでの時間、帰りの便の受付をする。
北大東島→南大東島の片道チケットが850円。バイクの運送費が2980円。
2016_0330_b_西港b

上陸から1時間後、再び宙に舞う愛車
2016_0330_c_西港1

フォークリフトに攫われる愛車
2016_0330_c_西港2

愛車との感動の再会
2016_0330_c_西港3


民宿 二六荘

北大東島での宿「民宿 二六荘」へ。1泊2食付で「4860円」

看板が出てないから分かりにくいが浅沼商店の隣にある食堂が二六荘
2016_0330_d_二六荘1

宿泊場所は100mほど離れたところにある
2016_0330_d_二六荘2

屋根付きの車庫があるのが嬉しい
2016_0330_d_二六荘3

離島に弱いsoftbankはここでも健在、Y!mobileが使えねぇ



秋葉神社

軽く島を走る。

空港の近くにある秋葉神社へ
2016_0330_e_秋葉神社1

朱の鳥居
2016_0330_e_秋葉神社2

簡素な本殿
2016_0330_e_秋葉神社3

神社の隣にある天狗岩に登る
2016_0330_e_秋葉神社4

御嶽の拝所っぽい
2016_0330_e_秋葉神社5

天狗岩からの眺め。空港の滑走路が見える
2016_0330_e_秋葉神社6


沖縄最東端

沖縄の最東端へ

2016_0330_f_沖縄最東端1

北大東島で唯一の海水浴プール
2016_0330_f_沖縄最東端2

沖縄海と呼ばれてるそうだ
2016_0330_f_沖縄最東端3


晩ごはん

これが『本土で修行を積んだご主人が作る好評料理(二六荘HPより)』だそうだ。
少ねぇ...

2016_0330_g_晩ごはん1
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

お疲れさま~ヽ(´ー`)ノ

しかし、離島を渡り歩くのも大変ですな。
しかも一日の楽しみである夕食が少ないとは・・・(´Д⊂

Re: No title

> お疲れさま~ヽ(´ー`)ノ
>
> しかし、離島を渡り歩くのも大変ですな。

離島は渡るのは面倒だけど、
走るのは格別に気持ち良いので苦にはならないっス


> しかも一日の楽しみである夕食が少ないとは・・・(´Д⊂

離島は食事するところが限られるから、
宿のごはんがイケてないと萎えてしまう...