FC2ブログ

[261日目]久米島で馬に乗る(32/47都道府県)


馬に跨り、森に消えた「旧下阿嘉集落」へ

走破したルート (38km)


朝ごはん

美味しい朝ごはん

2016_0314_1_朝ごはん1


ウミガメ館

奥武島のウミガメ館へ

2016_0314_2_ウミガメ館1

ウミガメの生態や現実を学ぶ
2016_0314_2_ウミガメ館2

奥の水槽に目当てのミガメ
2016_0314_2_ウミガメ館3

頭をぶつけるドジっ子ウミガメ
2016_0314_2_ウミガメ館5

水槽の上からのウミガメ。息つぎの音がまるでゲップ
2016_0314_2_ウミガメ館4


ラッキーゲイト

民宿 久米島別館に延泊できなかったので宿を替える

イーフビーチにあるゲストハウス「ラッキーゲイト」へ。
1泊素泊りで2500円。最近値上げしたみたいだが、それでも島一番の安さ。
レンタルバイク、レンタルビデオもやっている...ってか、そっちがメイン?
2016_0314_3_ラッキーゲイト1

2st 90cc YAMAHA HS-1。久米島で旧車に会うとは思わなかった。
暫し、オーナーとバイク談議。レストアの苦労話を伺う
2016_0314_3_ラッキーゲイト2

部屋は全て個室、こんな感じ。1人には十分なスペース。
ただ、壁が薄いからか隣の家の音が聞こえる。あと、ゆんたく場は無い
2016_0314_3_ラッキーゲイト3

台所はあるが、火事が怖いので炊事はNGにしたそうだ
2016_0314_3_ラッキーゲイト4

早朝チェックアウトに対応するための鍵返却口
2016_0314_3_ラッキーゲイト5

全てオーナーの手作り。トイレ、シャワーも綺麗。オーナーも良い人。
ホームページはなく、観光協会のサイトでの扱いも交通(レンタルバイク)となってるが良い宿。
特にバイカーにはおススメ。



真謝のチュラフクギ

仲里村真謝のチュラフクギへ

2016_0314_4_真謝のチュラフクギ1

ちゅら(美しい)なフクギだから「チュラフクギ」
2016_0314_4_真謝のチュラフクギ2

県指定の天然記念物のようだ
2016_0314_4_真謝のチュラフクギ3

ちゅらちゅら
2016_0314_4_真謝のチュラフクギ4


久米島馬牧場

久米島馬牧場の「森に消えた集落探検」ツアーに参加。
料金は16200円(税込)とちょっと高い

「熱帯魚の家」でツアーのガイドと待ち合わせる
2016_0314_5_久米島馬牧場1

ツアーにはワンコが3匹付いてくる。
1匹撫でてると「撫でろ撫でろ」とみんな寄ってくる。
超人懐っこい...ってか、ゴールデンレトリバー「コウ」は突撃してくる
2016_0314_5_久米島馬牧場2

ハチチはややクール
2016_0314_5_久米島馬牧場3

「熱帯魚の家」の前の道路で乗馬の基本を習う
2016_0314_5_久米島馬牧場4

14:30.いざ森に消えた集落へ出発。車海老の養殖場方面へと進む
2016_0314_5_久米島馬牧場5

養殖場を越えると阿嘉のヒゲ水が見えてくる。旧集落はヒゲ水の下にあるそうだ
2016_0314_5_久米島馬牧場6

道が怪しくなってくる
2016_0314_5_久米島馬牧場7

森の中を登っていく...道が悪いので結構アドベンチャー
2016_0314_5_久米島馬牧場8


旧下阿嘉集落

40分ほどで、50年前に移住で廃集落となった旧下阿嘉集落に到着

2016_0314_6_旧下阿嘉集落1

2016_0314_6_旧下阿嘉集落6

モルタル造りの小屋は、移住後に建てられたもので、御嶽的なものらしい
2016_0314_6_旧下阿嘉集落2

1976年(40年前)とある
2016_0314_6_旧下阿嘉集落3

コンクリートの集落跡。
電気も水道もないのに、50年前まで人が住んでいたというから驚き
2016_0314_6_旧下阿嘉集落4

集落の奥に立派なガジュマル
2016_0314_6_旧下阿嘉集落5


帰路

海岸まで下りてきた。
ゴールデンリトリバーのコウはペットボトル咥えて大はしゃぎ

2016_0314_7_帰路1

素晴らしい景色
2016_0314_7_帰路2

2016_0314_7_帰路3

16:15。やっとこさ、熱帯魚の家まで帰ってきた
2016_0314_7_帰路4

インストラクターが与那国馬の全速を見せてくれた
2016_0314_7_帰路5

50km/hはでるそうだ
2016_0314_7_帰路6

最後に馬の放牧地まで行き、エサやりを見てツアー終了
2016_0314_7_帰路7
関連記事

コメント

非公開コメント