FC2ブログ

[250日目]斎場御嶽(32/47都道府県)


沖縄本島の南部・南城市を回る。
奥武島、ガンガラーの谷、ニライ橋・カナイ橋、斎場御嶽等々...見所が多い

走破したルート (79km)


朝ごはん

朝ごはんを作りに、調理道具抱えて本館へ。めんどい

2016_0303_1_朝ごはん1

本館のキッチン
2016_0303_1_朝ごはん2

朝食は一日の資本。しっかり食べる
2016_0303_1_朝ごはん3


奥武島

奥武島(おうじま)へ

2016_0303_2_奥武島1

島の西側にある奧武沙灘
2016_0303_2_奥武島9

2016_0303_2_奥武島2

何か廃虚がある
2016_0303_2_奥武島3

奥武島と言ったら、やはり天ぷら。大城てんぷら店で食べる
2016_0303_2_奥武島5

天ぷらは1つ60円。もずくうめぇ
2016_0303_2_奥武島6

魚ふつう
2016_0303_2_奥武島7

アーサうめぇ
2016_0303_2_奥武島8

東側にある砂浜
2016_0303_2_奥武島4

砂浜の端には龍宮神
2016_0303_2_奥武島a

2016_0303_2_奥武島b


ガンガラーの谷

ツアーでしか入れないガンガラーの谷へ

2016_0303_3_ガンガラーの谷1

要予約で、ケイブカフェが受付。料金は2200円
2016_0303_3_ガンガラーの谷2

雰囲気がいい
2016_0303_3_ガンガラーの谷3

13:40、ツアー開始
2016_0303_3_ガンガラーの谷4

カンテラ片手に誕生を願う洞窟「イキガ洞」へ
2016_0303_3_ガンガラーの谷8

鍾乳石(男根石)の前で説明するガイド
2016_0303_3_ガンガラーの谷7

大岩のトンネルを抜けると...
2016_0303_3_ガンガラーの谷9

大主(ウフジュ)ガジュマル
2016_0303_3_ガンガラーの谷a

2016_0303_3_ガンガラーの谷b

ツリーテラスからの展望はイマイチなので省略して、この洞窟が終点。
2016_0303_3_ガンガラーの谷c

洞窟内で港川人の講義を受けてツアー終了。これは、約3000年前の石の棺だそうだ
2016_0303_3_ガンガラーの谷d


ニライ橋・カナイ橋

ワイドーマラソン完走した恵ちゃんおススメの「ニライ橋・カナイ橋」へ。

右の道から展望スペースへ行ける
2016_0303_4_ニライ橋・カナイ橋1

おお、絶景
2016_0303_4_ニライ橋・カナイ橋2

ニライカナイとは沖縄方言で「海の彼方、海の底、地の底にある理想郷」だそうだ。
スピードの出し過ぎでニライカナイへ行かないように気を付ける





斎場御嶽

斎場御嶽(せーふぁうたき)へ。

国道沿いの駐車場に停める。入場券もここで買う、200円
2016_0303_5_斎場御嶽0

駐車場から400mほど歩いて入口へ
2016_0303_5_斎場御嶽2

艦砲射撃でできた穴に水がたまってできた「砲弾池」
2016_0303_5_斎場御嶽3

三庫理(さんぐぅい)
2016_0303_5_斎場御嶽5

2016_0303_5_斎場御嶽7


知念岬

知念岬へ。沖に久高島が見える

2016_0303_6_知念岬1

岬へ下りる階段に猫。危うく踏みそうになった
2016_0303_6_知念岬3

全く動こうとしない
2016_0303_6_知念岬4

岬から望む西側の海岸
2016_0303_6_知念岬5

そして、東側の海岸
2016_0303_6_知念岬6
関連記事

コメント

非公開コメント