[88日目]隠岐の島 島前 其の2(25/47都道府県)


西ノ島から知夫里島へ渡る。汚い単語が飛び交うので食事中の閲覧に注意。

走破したルート (80km)


島根鼻公園オートキャンプ場(朝)

日が落ちてからキャンプインしたから分からなかったが、こんなサイトだったのか。

2015_0923_1_島根鼻公園オートキャンプ場1

キャンプ場から内海を望む。
2015_0923_1_島根鼻公園オートキャンプ場2

2015_0923_1_島根鼻公園オートキャンプ場3

隣のキャンパーさんが『バナナ食べます?』と言ったから、今朝の食卓にはバナナが並ぶ。
2015_0923_1_島根鼻公園オートキャンプ場4


島前内フェリー(別府~来居)

9:20発の島前内フェリーで知夫里島へ向かう。知夫へは1日2本(9:20発、15:20発)しかない。

2015_0923_2_島前内フェリー1

港前でフェリーが転回する。
2015_0923_2_島前内フェリー2

西ノ島と一時の分かれ。
2015_0923_2_島前内フェリー3

9:50、知夫里島の来居港に到着。滞在時間は15:57までの6時間。島をまわるには十分過ぎる時間。
2015_0923_2_島前内フェリー4

来居港のすぐ上の展望台からフェリーを見送る。See you アゲーン。
2015_0923_2_島前内フェリー5


姫宮神社

島を反時計回りにまわる。まずは姫宮神社。この狭い路地の80m先らしいがバイクで進入する勇気はない。徒歩で行く。

2015_0923_3_姫宮神社1

民家の合間をぬって神社に到着。
2015_0923_3_姫宮神社2

第一の鳥居の狛犬はしっぽフリフリしてる。
2015_0923_3_姫宮神社3

第二の鳥居は普通にお座り。
2015_0923_3_姫宮神社4

拝殿。この先ウンコを踏まないように祈願。
2015_0923_3_姫宮神社5


ウグイガ崎

島の東の端、ウグイガ崎。ウンコを踏まないなど土台無理ゲー。下り坂のまま草原へ終わる道なので転回に注意。ウンコまみれの草原にオンロードで入ったら終わったも同然。

2015_0923_4_ウグイガ崎1

西ノ島の黒島鼻を望む風景。
2015_0923_4_ウグイガ崎2


赤ハゲ山

続いて赤ハゲ山へ向かう。

2015_0923_5_赤ハゲ山1

何とか駐車場に到着。
2015_0923_5_赤ハゲ山2

一見、牧場を突き抜ける素晴らしい道に見えるがウンコまみれ。走行中は景色を楽しむ余裕はない。
2015_0923_5_赤ハゲ山3

これは、隠岐 島前ではお馴染みの「テキサスゲート」。牛馬が牧場外に出ないように設置される溝だが、バイカーにとってはウンコの開始と終了を示すサイン、「ウンコゲート」である。
2015_0923_5_赤ハゲ山4

そして、これが赤ハゲ山展望所のウンコゲート。これではウンコをブロックできない。展望所はキャンプ場も兼ねているらしいが、すでに汚染されているのでキャンプには覚悟が必要だ。
2015_0923_5_赤ハゲ山5

尚、島前を全て一望できる展望は素晴らしいの一言。
2015_0923_5_赤ハゲ山6

2015_0923_5_赤ハゲ山7

2015_0923_5_赤ハゲ山8

2015_0923_5_赤ハゲ山9

因みに、島の道案内の看板。「山」を略すのはどうかと思う。
2015_0923_5_赤ハゲ山a


隠岐知夫赤壁

赤ハゲを下り赤壁へ。

2015_0923_6_隠岐知夫赤壁1

けっこう傾斜のある駐車場なので注意。
2015_0923_6_隠岐知夫赤壁2

赤壁。何か、進撃の巨人の筋肉を連想してしまう。
2015_0923_6_隠岐知夫赤壁3

断崖の下はエメラルドの海。
2015_0923_6_隠岐知夫赤壁4


御越鼻メグリ照射灯

御越鼻の照射灯へ。ここも狭路+傾斜なので転回に注意。

2015_0923_7_御越鼻メグリ照射灯1

照射灯のお顔。
2015_0923_7_御越鼻メグリ照射灯2

御越鼻からの長尾鼻。
2015_0923_7_御越鼻メグリ照射灯4

そして、白海士海岸。
2015_0923_7_御越鼻メグリ照射灯3


島津島

島津島へ渡るための「お松橋」。

2015_0923_8_島津島1

車両は通れない。徒歩で行く。
2015_0923_8_島津島2

島からのお橋。
2015_0923_8_島津島3

海沿いの遊歩道を進むと
2015_0923_8_島津島4

島津島キャンプ場。炊事場もないし海水浴のデイキャンプ用って感じ。
2015_0923_8_島津島5

テラス(?)は廃れていた。
2015_0923_8_島津島6

2015_0923_8_島津島7

遊歩道は西端の渡津神社まで続く。
2015_0923_8_島津島8

民謡「どっさり節」の考案者「お松」の碑。
2015_0923_8_島津島9

海岸から浅島と神島を望む。
2015_0923_8_島津島a


大波加島

木佐根海岸へと下りる道から大波加島を望む。牛とのツーショット。

2015_0923_9_大波加島1


才ヶ崎

才ヶ崎へ。アレにまみれていて停める所に迷う。

2015_0923_a_才ヶ崎1

岬へ行く道を牛が塞いでいる。まぁ行く気はないけど。
2015_0923_a_才ヶ崎2

島津島と牛。
2015_0923_a_才ヶ崎3


知夫里島灯台

灯台の駐車場。もう何も言うまい。

2015_0923_b_知夫里島灯台1

遊歩道からの大波加島が素晴らしい。足元には言及しない。
2015_0923_b_知夫里島灯台2

そして灯台。結構、自然に還っている。
2015_0923_b_知夫里島灯台3

木々がじゃまして大波加島は見えづらい。
2015_0923_b_知夫里島灯台4

島津島、浅島、神島を遠望。
2015_0923_b_知夫里島灯台5

2015_0923_b_知夫里島灯台6


天佐志比古命神社(一宮神社)

一宮神社へ。

2015_0923_c_一宮神社1

第一の鳥居の狛犬が子持ち。阿の方だけ、吽は独り身。
2015_0923_c_一宮神社2

第二の鳥居はしっぽ振ってる。姫宮神社と逆だ。
2015_0923_c_一宮神社3

拝殿。
2015_0923_c_一宮神社4


いもぐら

途中、不気味な横穴が。
2015_0923_d_いもぐら1

芋の貯蔵庫らしい。
2015_0923_d_いもぐら2

中には入りたくない。狭いよ 暗いよ 怖いよ~
2015_0923_d_いもぐら3


文覚上人の墓

島流しされた文覚上人の墓。ただし平家物語での話。

2015_0923_e_文覚上人の墓1


河井のお地蔵さん

締めに河井の湧水を飲む。

2015_0923_f_河井のお地蔵さん1


島前内フェリー(来居~別府)

ほぼ島を周り尽くしても5時間。フェリーが来るまで来居港で1時間ほど待つ。因みに来居港は無人港、船内で運賃を払う。

2015_0923_g_島前内フェリー1

サヨウナラ知夫里島。景色とウンコが凄かったよ。
2015_0923_g_島前内フェリー2


西ノ島の北側の道

宇賀から船越運河までの島の北側の道を走ってみたが、これがとんでもなかった。

「ダートかっ!」ってほど落ち枝、落ち葉に埋もれるアスファルト。
2015_0923_j_北の道1

ウンコゲートの先にはやっぱりウンコ。
2015_0923_j_北の道3

対向車ならぬ対向牛。ウンコの持ち主。
2015_0923_j_北の道2

落石ってゆうか軽い崩落?
2015_0923_j_北の道4

急傾斜に急カーブ、アスファルトが剥がれ草が...
2015_0923_j_北の道5

いや~、これまで随分と走ってきたがここの道が一番ヒドイ。


国賀荘(入浴)

今晩も国賀荘で入浴。

2015_0923_h_国賀荘1


島根鼻公園オートキャンプ場

島根鼻公園オートキャンプ場に連泊。晩飯を食べて明日に備える。

2015_0923_i_島根鼻公園オートキャンプ場1
関連記事

コメント

非公開コメント

懐かしい

最初 んこ避けて走ってましたが
すぐどうでも良くなった 覚えが...

国賀海岸天気が良くて何より。
知夫里島ってなんにもないけど景色はすごくいいんですよね。

また行きたいなぁ

Re: 懐かしい

摩天涯よかったです、すごく。隠岐はどこも景色がいいですね~

んこは、どうしても反射的に避けてしまう。

ぜひ、また行ってください(無責任)


> 最初 んこ避けて走ってましたが
> すぐどうでも良くなった 覚えが...
>
> 国賀海岸天気が良くて何より。
> 知夫里島ってなんにもないけど景色はすごくいいんですよね。
>
> また行きたいなぁ