瀬戸内に浮かぶ小さなアートの島 豊島


豊島とは瀬戸内海、小豆島と直島の間に浮かぶ島であり、
読みは「とよしま」や「としま」ではなくて「てしま」だ。

島の西端で行われた産業廃棄物の不法投棄の問題で、
一時は産廃の島として全国に知られていたそうだが、
現代アートの国際芸術祭「瀬戸内国際芸術祭」の開催によって、
今では芸術の島としての名の方が通っているだろう。

前回は小豆島のアート作品を紹介したが、
今回は、心に響く豊島のアート作品を紹介しよう。
2017_0222_0_豊島0

続きを読む