三代目おがさわら丸に乗って小笠原 父島へ渡る ~入港編~


東京から南に1000kmの太平洋の只中にうかぶ小笠原諸島、父島。
1000kmという長さは、東京から種子島までの距離と同じで、
小笠原村は九州よりも遠い関東地方となる。

大陸から隔絶していたため、独自の進化を遂げてた生物が多く
東洋のガラパゴスと呼ばれる小笠原諸島。

近年(2011年)、ユネスコの世界自然遺産に登録され、
生態系保護ためガイドの同行が必要だったり、立入禁止の期間がある地域も多いので注意が必要だ。

走破したルート (11 km)


続きを読む